本庄市ロードサポート(道路清掃美化活動)とは

当社は本庄市から「本庄市ロードサポート団体」の認定を受け、年4回、空き缶やゴミ拾い、除草をしております。清掃場所は、市道児玉環状線(国道254号線身馴川交差点から当社車庫近くのヤマト運輸児玉センターまでの間)です。

活動の記録

  • 清掃美化活動を行いました(6/29実施)

    本庄市ロードサポート事業として年4回、会社周辺道路の清掃美化活動を行っており、2022年度1回目のクリーン活動を、6月29日(水)15時40分から社員14名で行いました。6月は下旬から猛暑日が連続する厳しい環境で、特にこの日は最高気温が39度を超えましたので、体調を考慮して短い時間での作業となりました。
    植え込みの草の成長が早く、その陰に投げ捨てられた「タバコの吸い殻」が多く見受けられ、可燃ゴミで3袋を回収しました。なお、次回の清掃美化活動は9月の作業を予定しております。

  • 清掃美化活動を行いました(3/16実施)

    本庄市ロードサポート事業として年4回、会社周辺道路の清掃美化活動を行っており、2021年度4回目のクリーン活動を、3月16日(水)15時00分から社員20名で行いました。まだ日々の寒暖の差が激しかった3月の中で、この日は穏やかな午後でした。
    厳しかった冬の間に、強風で飛ばされた大きなゴミが歩道の植え込みにまとわりついており、拾ったゴミの量は前回よりも多く、可燃ゴミで4袋、不燃ゴミで1袋になりました。なお、次回は6月の作業を予定しております。

  • 清掃美化活動を行いました(12/29実施) 

    本庄市ロードサポート事業として年4回、会社周辺道路の清掃美化活動を行っており、2021年度3回目のクリーン活動を、12月29日(水)15時00分から社員19名で行いました。今年は本格的な冬の訪れが早く、冷え込みが強まる中での作業となりました。
    作業前の数日、強い風が吹いたため、路上にゴミはほとんどなく、植え込みに吹き溜まりのように集まっていました。拾ったゴミの量は前回9月よりも多く、可燃ゴミで3袋、不燃ゴミで1袋になりました。なお、次回は2月の作業を予定しております。

  • 清掃美化活動を行いました(12/23実施)

    本庄市ロードサポート事業として年4回、会社周辺道路の清掃美化活動を行っており、今年度3回目のクリーン活動を、12月23日(水)15時30分から社員13名で行いました。朝は氷点下の気温となりましたが、作業を始めるころには15度近くまで気温が上がり、風もなく穏やかな陽気での作業となりました。
    回収したゴミの量は前回より少なくなりましたが、相変わらずタバコの吸い殻が多く捨てられており、その数は一向に減りません。枯草火災の原因となりますので、吸い殻の投げ捨てはしないようお願いいたします。

  • 清掃美化活動を行いました(9/29実施)

    本庄市ロードサポート事業として年4回、会社周辺道路の清掃美化活動を行っており、2021年度2回目のクリーン活動を、9月29日(水)15時00分から社員13名で行いました。まだ残暑の残る曇り空、25度を超える暑い中での作業となりました。
    相変わらずタバコの吸い殻をはじめ大きなビニールなど、今回は参加人数が若干少なかったのにもかかわらず、短時間に4㎏を超える可燃ゴミを拾いました。なお、次回は12月の作業を予定しております。