EV導入

電気自動車(EV)やCNG(天然ガス)車輌を使って作業を行なうことで、環境に配慮した業務に取り組んでおります。

本庄市ロードサポート(道路清掃美化活動)

当社は本庄市から「本庄市ロードサポート団体」の認定を受け、年4回、空き缶やゴミ拾い、除草をしております。
清掃場所は、市道児玉環状線(国道254号線身馴川交差点から当社車庫近くのヤマト運輸児玉センターまでの間)です。

V2H(Vehicle to Home)の取り組み

災害時のBCP(事業継続計画)と地域貢献の一環として、「V2H(Vehicle to Home)」設備の構築と運用を行っています。「V2H」とは「Vehicle(車)からHome(家)へ」の略語で、EV(電気自動車)に蓄えた電力を、家庭用に活用するしくみです。弊社では、太陽光発電と蓄電池を合わせた活用と研究を行っております。

接遇研修

本社総務課の窓口や電話でのお客さま応対レベルアップを目的に、外部の講師をお招きして「接遇マナー・電話応対研修」を行っております。
この研修をもとに、言葉遣い・顔の表情・身だしなみなどを見直し、さらなるサービスの向上に努めてまいります。

天使のWaシリーズ

『天使のNeji』『天使のWa』『シートレールバー』は、群馬県藤岡市のMSG Active(モータースポーツガレージ アクティブ)さまが開発した製品で、いずれもより良い乗り心地を実現する、クルマに装着するパーツです。弊社では、この「天使のNeji」「天使のWa」「シートレールバー」のご相談と装着を承っております。

SDGs

EVのある暮らし

EV(電気自動車)用充電スタンドの設置

電気自動車(EV)用の充電スタンドを3ヵ所に設置して、広くお客さまにご利用いただいております。

・普通充電用スタンド・・・本社駐車場内
・急速充電用スタンド・・・児玉駅前ステーション
・急速充電用スタンド・・・児玉千本桜ステーション

CTI (Computer Telephony Integration) システム

児玉清掃では、電話でのお問い合わせやご依頼に対して、迅速に対応を行うために、CTIシステムを導入しています。お客さまからお電話が鳴ると同時に、パソコンの画面上へお客さまのお名前を表示し、社内のデーターベースと連動します。
また、「お待たせしない」「2度聴きをしない」「ご依頼内容の漏れを防ぐ」というスムーズな対応を行うために、電話応対のトレーニングも行っています。

自動消火用ガスの搭載

児玉清掃のパッカー車(塵芥収集車)には、自動消火ガスが搭載されています。このガスは、万が一収集した塵芥の中から火災が発生した場合、その火災を自動的に感知して、収集スペースに炭素ガスを噴射して消火するものです。パッカー車には通常消火器が搭載されていますが、児玉清掃では日本で始めて自動消火装置を搭載しました。
パッカー車は一度火災が起きると、機械装置をすべて取り替えなければ運行できません。収集作業がこのような事故で途切れることがないように、このような安全装置を取り付けております。

サイドモニターの装着

パッカー車のような大型の車輌には、いくつかの死角があります。それを回避するために、通常はミラーやバックモニターをしますが、児玉清掃ではさらに車輌の左側を確認するためにサイドモニターを装着しています。運転席の液晶モニターはバックモニターとの共用で、ハンドル下のボタンを押すことでサイドモニターに切り替わります。